花粉症対策は薬を飲むことや病院で治療をすることでも改善をすることができますが、日常のちょっとした工夫でも花粉症対策をすることができます。
まずは花粉症対策の基本となることを押さえておきましょう。毎日テレビやインターネットなどで花粉症情報をチェックするようにしてください。
特に注意が必要となってくる日は天気が晴れや曇りの日は多くなります。また最高気温が高い日や南向きの風が強く、その後に北風に変化をした場合には花粉が多くなりますので注意してください。
そのほかにも湿度が低かったり前日の日が雨の日にも多くなりますので、そのような日には花粉症対策をしっかりととるようにしてください。
それらの日には、もちろんできるだけ外出を控えた方が良いのですが、中々そのようにすることは難しいので、そのような場合には、帽子や眼鏡、マスク、マフラーといったものを身に付けていて、コートなどもツルツルした素材のものを選ぶようにしてください。
そして帰宅後には衣服などについている花粉を家の外で払い落としてから、部屋に入るようにして、部屋の中に花粉を持ち込まないようにしてください。
できるのであれば、帰宅後にはすぐにシャワーを浴びて、体に付いている花粉を落とすと効果的になります。歯やにいる時には、窓やドアを閉めて花粉の侵入を防ぐようにしてください。
もちろんどんなに部屋の侵入を防いでいても、入ってきてしまいますので、そのような場合にはこまめに掃除をするように心掛けましょう。
就寝時の花粉症対策としては、まず日中に布団を外に干すことは止めましょう。布団を外に干すことで花粉が付着してしまいます。布団乾燥機を使用するようにしてください。
どうしても干したい場合には花粉の少ない日を選び、干した後には布団の表面を掃除機で掃除するようにしてください。
就寝前には枕元を少し湿らせたタオルで拭くと花粉を取り除くことができて花粉症対策としては効果的になります。

>辛い花粉症にはジルテックアレグラ